相続税の申告状況について

news_img01

国税庁はこのほど、2015年に亡くなった人のうち、相続や遺贈などにより財産を取得した人についての相続税の申告状況の概要 をまとめた。

それによると、同年に亡くなられた人(被相続人数)は約 129 万人(前年は約 127 万人)、このうち相続税の課税対象となった被相続人数は約 10 万3000人(前年は 約5万6千人)で、課税割合は 8.0%(前年は 4.4%)となっており、 2014年より 3.6 ポイント増加した。

また、2015 年1月1日以後の相続等については、2013年度税制改正によ り、基礎控除額の引下げ等が行われ、相続税を支払う必要のある人の範囲が拡大(いわゆる増税)している。

2015年の 課税価格 課税価格の合計は 14 兆 5,554 億円(前年は11兆4,766億円)で、被相続 人1人当たりでは1億4,126 万円(前年は2億 407 万円)となった。

税額 税額の合計は1兆 8,116 億円(前年は1兆 3,908 億円)で、被相続人1人 当たりでは 1,758 万円(前年は2,473 万円)となっています。

相続財産の金額の構成比 相続財産の金額の構成比は、土地 38.0%(前年は41.5%)、現金・預貯金 等 30.7%(前年は 26.6%)、有価証券 14.9%(前年は15.3%)の順となっています。